おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐がモモクロに言い放った一言・・・帰れ

http://news.livedoor.com/article/detail/7126811/

アイドルグループ・ももいろクローバーZが、11月15日放送のテレビ番組『ひみつの嵐ちゃん』に出演する。共演した嵐の櫻井翔と大野智は、エネルギッシュなパフォーマンスで人気のある彼女たちのテンションについて行けず、ブチ切れそうになる瞬間もあったようだ。

嵐の人気番組『ひみつの嵐ちゃん』に、ももクロことももいろクローバーZが登場することが報道されてファンの間で話題となっている。11月8日の放送で流れた予告では“嵐シェアハウス”を訪れた彼女たちが、「嵐にやりたい放題!」とハジける様子が紹介された。

常にテンションマックスなももクロを出迎えた櫻井翔と大野智はどう対応したものか、困惑した表情を見せていた。彼女たちが拳銃のおもちゃを持ち出して嵐に向けると「大野星人~っ!」と百田夏菜子が叫び、完全にももクロペースになっていく。ムッとした顔をした大野智は耐え切れずに「帰れっ!」とブチきれてしまうのだ。

しかし、その後は嵐の2人も彼女たちのテンションに慣れてきて、櫻井が人気曲『行くぜっ!怪盗少女』の振付けを教えてもらうなど、嵐とももクロのコラボで盛り上がったようである。

また、「夕食は5人で3000円まで」、「ツアーでは車中泊したり」と苦労話を明かした彼女たちが、「ライブ後に打ち上げをやるのが夢」と語る場面もある。それを聞いた櫻井は先輩アイドルとして嵐がやっている打ち上げを説明する。

バラエティ番組でよく見かけるももいろクローバーZだが、嵐との絡みは多くはないだろう。“嵐シェアハウス”は自由に語れる構成だけに、ももクロの意外な一面が見られそうだ。

スポンサーサイト

ロンブー淳のDQNぶりにファンからの非難が殺到らしい

http://news.livedoor.com/article/detail/7128973/

駐車違反を取り締まった警察官に対して逆に謝罪を強要し、数々の暴言を吐いたとして批判を浴びているロンドンブーツ1号2号の田村淳。騒動後、3日間はテレビの出演を自粛していた淳も、11月5日に『知りたがり!』(フジテレビ系)で「視聴者の皆さん、世間を騒がせてしまって申し訳ありませんでした」と謝罪すると、何事もなかったように復帰を果たしている。
 そんな淳に対して、ネット上での非難は止まらない。たとえば、先日配信された『日刊サイゾー』(http://www.cyzo.com/)では、過去の淳の暴行癖が関係者から暴露され話題を集めている。記事によると、淳はおよそ1年ほど前にも道路の使用許可を巡って警官と揉めていたという。しかも、個人的な行為にもかかわらず、彼は「番組の企画」とウソをついていたというから驚きだ。また、3年前にも警官に対して、何が気に食わなかったのか、土下座を強要していたという目撃談まであるらしい。多かれ少なかれ、表現者というのは反体制的なものといえる。しかし、いくら芸人が権力に対抗する存在だといっても、支離滅裂な論理では、ただの厄介者にしかならない。今回の騒動を見る限り、彼の行為はまさにただの厄介者としかいえない。
 これまでにも数々の横暴ぶりがウワサされている淳。ナンパした女性に拒まれるとガムを髪につけ、蹴りまで入れ、セックスをする際にはハメ撮りまで強要していたなんていうウワサまである。さらに、そのハメ撮り映像を後輩芸人たちと観賞するのが趣味だとも…。もちろん、こうしたウワサが、いったいどこまで真実なのかはわからないが、火のないところに煙は立たないものだ。蹴りやハメ撮り観賞は大げさかもしれないが、そうした兆候がまったくないというわけではないのだろう。
 しかし、淳は、一時は政界進出のウワサも上がるなど、紳士でクレバーなイメージも持ち合わせている。そんな一面をすべて否定することはできないが、今回の騒動でも明らかになったように、厄介者であるという一面を同時に持ち合わせているのは間違いないだろう。
 クレバーで横暴という印象に加えて、淳のイメージといえば“女にモテる”という点だ。特に彼の華麗な女性遍歴は枚挙に暇がない。たとえば、藤崎奈々子、坂下千里子、若槻千夏、三津谷葉子、中越典子、森下千里、藤井悠、米倉涼子、安室奈美恵、小泉今日子、石原さとみ、矢野未希子など、ウワサにあがった人々も入れると、ビッグネームがズラリと並ぶのは圧巻。これだけのメンツを見ても彼の色男ぶりは明らかだし、そんなモテる淳だからこそ、視聴者のほとんどが女性層という昼の番組に帯で出演しているのだろう。
 しかし、今回の騒動であらわになった彼のDQN(非常識な人物を指す)ぶりに、これまでただのウワサだと信じていた女性ファンも引き始めたという。もともとアンチの多かった淳から、盲目的なファンが離れてしまっては致命的だ。しばらくは事態の沈静化をはかり、ウワサになるような横暴な振る舞いも避けた方が無難かもしれない。
 とはいえ、どんなに淳がDQNだったとしても、そうした行為は、タレントが売れるためには絶対的に必要な強引さともいえる。やはり、彼が売れたのは、良くも悪くも人並みはずれたパワーにある。ただ、そのパワーも勘違いした使い方をしては、世間の反感を買うだけだ。彼にはその強引さをテレビの中の芸として発揮してもらいたい。

佐々木希が二宮和也と破局?!

http://news.livedoor.com/article/detail/7106898/


【送料無料】佐々木希写真集 Non

【送料無料】佐々木希写真集 Non
価格:1,000円(税込、送料別)




バラエティのレギュラー番組をすべて降板し、自身のファッションブランド「Cotton Cloud」も休業するなど、窮地に追い込まれたと見られていた佐々木希(24)。現在は深田恭子(29)主演の連ドラ『TOKYOエアポート』(フジテレビ系)に出演中だが、撮影中も心ここにあらずという状態が少なくないらしい。
「一部週刊誌では、上司役の時任三郎(54)にゾッコンで、潤んだ瞳でポーッと彼を見つめているなんて書かれていますが、確か佐々木にはツーショットも撮られた“彼氏”がいたはず。嵐の二宮和也(29)です。だから最初は『浮気心かな?』と思ったんですが、調べてみたら、8月以前に別れていたらしい。それもあって傷心で、仕事に身が入らないという節もあるのでは」(女性誌記者)

宮崎あおいがもうすぐ消える?!CMがどんどんと打ち切りへ

http://news.livedoor.com/article/detail/7103867/





「CM打ち切り危機で露出を増やそうと焦り…」
 国民的女優・宮崎あおい(26)の人気が急降下。CMも続々、打ち切られているという。いったい、何が起こっているのか。

 彼女の現状を、PR会社関係者が解説する。
「彼女のCM契約本数は公式では8本となっていますが、実際に展開しているのは3本と、突然減ってしまったんです」
 その内訳を見てみると、かなりの悲惨な様子。

壇れいが離婚できない本当の理由

http://news.livedoor.com/article/detail/7107775/





昨年7月に入籍したばかりの檀れいと及川光博に離婚・別居報道が相次いでいる。
 最初に「離婚」と書いたのは、9月末発売の女性週刊誌。 
 壇は、赤坂のACTシアターでおこなわれる舞台『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の公開げいこに姿を見せ、及川光博との別居説を否定した。

 だが、これでは終わらなかった。10月末、またもや女性誌が離婚の危機を報じ、今度は及川が取材攻撃を受けた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。