長澤まさみの発生を下手くそとののしったあの人物 - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長澤まさみの発生を下手くそとののしったあの人物

http://news.livedoor.com/article/detail/6623608/

これは長澤まさみの長い脚を見せるのが主眼のドラマである。超ミニのスカートの下から、実に綺麗なオミアシが覗く。ハ、ハ、ハ。一応彼女、音無月子(長澤まさみ)は警視庁捜査1課の刑事であるが、自宅にいた時に座敷童子(ざしきわらし)が現れる。その直後、近所の女が侵入した男にビンで頭を殴られる事件が起こった。
要はこの家の家族間に問題があって、座敷童子が逃げ出したために強盗事件が起こったというオハナシ。いわばマンガであるが、深夜ドラマにしては結構マジに作っていて、時間の無駄ということはなかった。ドラマ評は置いといて、長澤まさみである。この人、美人である。しかも正統派の美人である。だから、テレビが放っておけないのはわかるが、如何せんいつまで経っても下手くそなのだ。
昔、NHKの大河ドラマで織田信長の隠密に扮したことがあった。美人大好きのNHKが彼女を配したのはわからぬではないが、夜陰に乗じてフッと現れて、機密情報を伝える役には最もふさわしくなかった。何故なら、まさみはセリフが駄目だからだ。舌が長いのか短いのか、舌っ足らずの甘えた喋り方が抜けず、厳しいシチュエーションでも甘ったれて見えるのでリアリティに欠けてしまうのだ。
美人というのは子供の時から周囲にチヤホヤされ、甘ったれたままの喋り方で大きくなる。発声法からしていい加減である。
おーい、誰かまさみにエロキューションの指導をしてやれ。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/1042-dbef7505

まとめtyaiました【長澤まさみの発生を下手くそとののしったあの人物】

http://news.livedoor.com/article/detail/6623608/これは長澤まさみの長い脚を見せるのが主眼のドラマである。超ミニのスカートの下から、実に綺麗なオミアシが覗く。ハ、ハ、ハ。一応彼女、音無月...

2012-06-08 01:51 | from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。