沢尻エリカが次は哀川翔を怒らせたらしい - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢尻エリカが次は哀川翔を怒らせたらしい

http://news.livedoor.com/article/detail/6790472/





「一時はお蔵入りの可能性もあっただけに、配給会社は大喜びです」(映画関係者)

 沢尻エリカ(26)の主演映画「ヘルタースケルター」が予想以上のヒットになっている。14日に公開されて2度目の週末を迎えたが、客入りは絶好調。

「都市部を中心に客足が伸び、客層はファッションなどへの感度の高い20代、30代の女性がメーン。週刊誌で報じられた沢尻のスキャンダルが“怖いもの見たさ”で追い風になっている印象です。当初は最終的に興収7億円程度の予測でしたが、すでに9億円を突破。このままいけば20億円にまで届きそうです」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)
公開まではスッタモンダ。それでも当てたのは沢尻に力があるということなのだろう。

 しかし、喜んでばかりもいられない。ヒットの裏で芸能界にたくさんの“敵”をつくってしまった。

「『ヘルター』で共演した桃井かおり、寺島しのぶ、哀川翔らは沢尻に振り回されて呆れ顔。二度と共演はないかもしれません」というのは、芸能リポーターだ。

「公開に先立って5日に行われた『ヘルター』のジャパンプレミア試写会は沢尻が出席をドタキャンしたため、登壇予定だった哀川も欠席した。関係者によると、“主役が来ないのにアホらしくて出られるか!”と怒っていたそうです。14日の初日舞台挨拶には哀川は参加しましたが、桃井も寺島も“スケジュールが合わない”という理由で欠席しました。話題作でこんなことは慣例上、あり得ない。沢尻が直前まで舞台挨拶の登壇をハッキリさせないまま、写真誌に夜遊びの現場を撮られ、やりたい放題なので、腹に据えかねたとしか考えられません」

 ちなみに沢尻は映画の演出方法を巡って、芸能界復帰の恩人である蜷川実花監督とも衝突したといわれている。

 映画は望外のヒットかもしれないが、芸能界では先輩やスタッフも敵に回してまさに四面楚歌。その嫌われっぷりはハンパじゃない。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/1184-76e6ec94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。