石田純一28年ぶりが連続ドラマに出演 - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田純一28年ぶりが連続ドラマに出演

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201208230007.html





 石田純一(58)が本業に復帰する。フジテレビ系の新ドラマ「赤い糸の女」(9月3日スタート、月~金曜午後1時30分)の制作会見が22日、都内で行われ、石田や主演の三倉茉奈(26)ら出演者が出席した。

 石田は、軽妙な恋愛トークや、東尾理子(36)との再婚、妊娠などでワイドショーをにぎわせ、今やワイドショーやバラエティー番組の“顔的存在”だが、かつては「抱きしめたい!」「想い出にかわるまで」などトレンディードラマに出演した人気俳優だった。連続ドラマ出演は、06年の同局系「不信のとき~ウーマン・ウォーズ」以来6年ぶりとなる。
会見では「楽しくドラマ復帰させていただいています」と笑顔を見せたが、昼ドラ収録は28年ぶり。「こんな大変だったっけ、という感じ」と苦笑した。娘役の三倉はキスシーンやベッドシーンは初挑戦だが、自分は「今までラブシーンやキスシーンばかりで意外とセリフが少なかった。今回はガンガンしゃべって死にそうです」と笑わせた。

 作品は「真珠夫人」「牡丹と薔薇」などヒットドラマでおなじみの中島丈博氏の原作・脚本。三倉ら3人の女性とその恋人や家族も巻き込む愛憎劇だ。

 石田は「自分にも娘がいますけど、茉奈ちゃんの芝居がうまく、本当に守ってあげようという気分になれました」と役になりきっている様子だった。三倉はNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」でブレークしたこともあって「清純なイメージを持ってくださってる方も多いかもしれませんが、役者として信念を持って一生懸命演じるので見守って」と話した。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/1256-e20e0737

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。