マリエがモデル仲間からいじめを受けていた - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリエがモデル仲間からいじめを受けていた

http://news.livedoor.com/article/detail/6888962/





マリエは昨年9月にニューヨークの名門美術大学「Parsons The New School for Design(パーソンズ美術大学)」に入学、現地で本格的にファッションデザインを学び今年5月に卒業。7月21日に自身のブログで帰国を報告した。

番組では、タレント活動を休止して留学を決めたときの心境を「このタイミングで行かないと一生行くことないって思った」。当時レギュラー9本を抱えるなど、各方面から引っ張りだこだったため「周りにはたくさんの迷惑をかけてしまった」と謝罪した。
◆マリエ「いじめにあっていた」

マリエが留学中、自身と同じハーフモデルでタレントのローラやトリンドル玲奈の台頭で「(周りから)『イス残ってないよ』とか『帰ってくんなよ』とかすごく言われた」と入れ替わりの激しい芸能界を痛感。しかし、以前から後輩・ローラの面白さに注目していたというマリエは「(ローラに)テレビに出なよってずっと言っていた」。だから「私がニューヨークに行っても(モデルでタレントという)イスをキープしてくれていた」という感覚の方が強いことを明かした。

また、この発言には別の真意がある。マリエがバラエティー番組に出演するようになってから、モデル仲間から「あの娘はテレビに魂を売って、テレビで稼いで、私の表紙を取った」と言われて「いじめにあっていた」ことを告白。そんな中、モデルの梨花からは「頑張れ!マリエがそういうポジションを築きあげないと」と言われていたという。だからこそ、自身と似ているローラがテレビで活躍する姿は、マリエにとって頼もしく映っているのだろう。

帰国から3週間後に行われた同番組の収録の時点でマリエは「まだローラに会っていない」と言っていた。いずれ実現するであろう2人の共演を楽しみにしているファンはきっと多いに違いない。(モデルプレス)

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/1261-972b955d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。