KEIKO自宅で倒れ救急搬送 - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEIKO自宅で倒れ救急搬送

ネタ元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111025-00000024-sph-ent



人気音楽プロデューサー・小室哲哉(52)の妻で歌手のKEIKO(39)が
24日夕方、都内の自宅で倒れ、病院に緊急搬送されたことがスポーツ報知の取材で分かった。
関係者によると、検査中で病名は不明だが、意識はあり、命に別条はないという。
現在、小室が付き添い、妻の状態を見守っているが、病状が心配される。

KEIKOは24日の夕方、都内の自宅で突然、体調不良を訴えてダウンした。
関係者によると、小室が救急車を呼び、都内の病院に緊急搬送されたそうだ。
現在も入院中だが、意識があり、命に別条はないという。
病名など詳細については検査中のため不明。小室がずっと付き添い、病状を見守っているという。

 今年5月には小室哲哉が発売したソロアルバム
「Digitalian is eating breakfast 2」に
「K―C―O」名義でゲストボーカルとして参加。
また、最近では今月26日に発売するコンピレーションアルバム
「Dramatic Life 2」で、
藤井フミヤの「True Love」をカバーするなど、歌手活動を行っていた。

 KEIKOは1995年8月、小室が主催したオーディションを機に小室、
マーク・パンサー(41)との3人組ユニット「globe」のボーカルとしてデビュー。
特徴ある高音の歌声と当時、最盛期だった小室サウンドがマッチし、
96年1月に発売したシングル「DEPARTURES」は230万枚を超えるヒットとなった。
さらに同年3月のアルバム「globe」は400万枚超のセールスを記録。
瞬く間にスターダムにのし上がった。

 02年11月に小室と結婚し、公私ともにパートナーに。
だが、08年11月には小室が著作権譲渡を巡り5億円をだまし取った、
として大阪地検特捜部に逮捕され、09年5月に懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡された。
逮捕当時は離婚説もささやかれたが「ともに生きる覚悟です」とのコメントを発表、
その後も小室を支え続けていた。
それだけに小室のショックは大きく、妻の一刻も早い病状回復を願っている。

 ◆KEIKO(けいこ)1972年8月18日、大分県生まれ。
39歳。94年、小室哲哉主催のイベント「EURO GROOVE NIGHT」の
オーディションに合格。
95年8月、globeの一員としてデビューし、「Joytothelove」
「DEPARTURES」が大ヒット。96年にはNHKの「紅白歌合戦」初出場。
08年から「K―C―O」名義でソロ活動を開始。


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/185-9dea7f7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。