紳助さん、逮捕情報に怯える日も - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳助さん、逮捕情報に怯える日も

ネタ元:http://news.livedoor.com/article/detail/5978837/



引退後も活字メディアによるバッシングが続いている島田紳助が、
吉本興業と一緒になって"紳助バッシング"の急先鋒といわれている
「週刊現代」と発行元の講談社に対し、名誉を毀損されたとして
計1億6,500万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

紳助は引退後、親しい芸人に「俺は中田カウスと(吉本興業の)大崎洋社長にハメられた」と
漏らしていたと報道された。紳助は、暴力団とのメールのやり取りという動かぬ証拠を
吉本から突き付けられ、潔く自ら引退を決めたといわれていたが、実際にはそれだけではなかった。
吉本関係者によると「羽賀研二と渡辺二郎の"恐喝未遂事件"の裁判資料として、
紳助と暴力団の関係を示す資料が裁判所に提出されたことを重く見た吉本が、
紳助に引退を勧告した」という。それだけに、両者の関係は決裂したとばかり思っていた。

 ところが今回、共同で訴訟を起こしたということは、
その関係性に変化があったということだ。この関係修復の舞台裏を筆者なりに推測してみた。

 まず、紳助と吉本の関係修復のキーマンだが、これは"那覇のキャバクラ王"と
いわれるI会長ではないか。紳助は引退後、沖縄生活を送っていたが、
それをサポートしたとされるI会長は元兵庫県警の暴力団担当で、
大崎社長とも公私にわたって親しいということを筆者は大崎社長自身から聞いている。

 そもそも、沖縄本島の恩納村にあるマンションに隠れた紳助には、
吉本のマネジャーが寄り添っていた。これに関しては、紳助が寝返ってマスコミに
ヘタなことをしゃべらないようにと、吉本が監視役として送り込んだという、
まことしやかな情報が流れていた。だが紳助は、吉本にとって功労者の一人。
それだけに、マスコミに袋叩きされる紳助を少しでも守ってやろう
という大崎社長の思いやりだと筆者は思った。

 その後、恩納村から姿を消した紳助の潜伏先は沖縄本島の東村のペンション。
そのペンションを紹介したのがI会長。その時点で、吉本はマネジャーを引き上げている。
I会長に絶大な信頼を置く大崎社長は、紳助の今後をI会長に委ねた。
こうした流れの中で、I会長が吉本と紳助の両者に働きかけ、関係を修復。
吉本と共同で、週刊誌に書かれた"冤罪"を裁判で晴らすことを決めたのではないだろうか。
いや、そもそも両者の関係は「決裂」というほど、深刻なものではなかったのかもしれない。

 10月に入り、紳助は自宅がある大阪と東京のマンション、
それに京都の自宅を行ったり来たりの生活を送っているという。
一時は警視庁と大阪府警が何らかの容疑で逮捕するという情報も飛んで怯える日々も
あったというが、最近は逮捕情報も立ち消えになって、安心した毎日を送っているという。
吉本関係者は「大阪と東京にある飲食店を売却するみたいです。
そうすれば、食うには困りませんからね。芸能界復帰も考えているようです」と言う。

 紳助は親しい芸人に「このまま、書かれ放題で黙っているわけにはいかない。
冤罪を晴らして堂々と芸能界に戻ったる」と話したという。
「週刊現代」の他にも、吉本と一緒に提訴を考えている媒体もあるといわれているだけに、
年末にかけて、紳助の動きが慌ただしくなりそうだ。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/215-b17b84c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。