蒼井そら"日本はエイズ意識低い" - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼井そら"日本はエイズ意識低い"

ネタ元:http://news.livedoor.com/article/detail/6080952/



女優、タレントの蒼井そらが12月1日の“世界エイズデー”にあたり『エイズに対する日本人の意識の薄さ』について警告している。「私は性に関係する職業だから」と語る彼女の言葉は率直で心に届く内容だ。
12月1日の“世界エイズデー”に関するイベントが各地で開催されたが、毎年企画されている『RED RIBBON LIVE』もそのひとつだ。ラジオDJ、山本シュウが総合プロデューサーを務める同企画には蒼井そらも毎年参加している。彼女は今年8月からニコニコ動画で配信されている『RED RIBBON 蒼井そらのはじめてのHIV/エイズ講座』にも出演しており、大きな役割を果たしているのだ。

その蒼井そらがブログ『今日のSOLA模様』で、12月1日に「エイズデー」というタイトルで読者に呼びかけている内容が印象的だ。

彼女は「一度でもSEXの経験がある人は可能性があるんだよ?」と、検査をすることの大切さを話すと保健所で匿名、無料で検査ができることを伝えている。

また「エイズは予防出来る病気なの」とコンドームを使用することの大切さを訴えて、「何も言わなくてもゴムをつけるカッコいい男性に。自分からちゃんと付けてと言える素敵な女性になって下さい」と思いを綴っているのだ。

「ヤリまんじゃないし」、「セフレとかいないし」と他人事と思うことは危険だと表現するように、蒼井そらはあえてダイレクトな言葉を選んでいるようだ。彼女が“HIV/AIDS”の感染について若者に意識を持って欲しいと願う、その真剣さが伝わってくる。

彼女がこの取り組みに関わって痛感しているのが『HIV/AIDSが毎年増え続けてるのって、先進国では日本だけ』ということであり「日本人の意識の薄さが浮き彫りだね、ひとりひとりの意識だよ!」と危機感すら持っているのだ。

「検査&コンドームで予防を是非」と訴える蒼井そらの声がひとりでも多くに届いて欲しい。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/446-13e56419

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。