水野美紀・・・踊るシリーズから干されて暴走?!wヘアヌードに。 - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水野美紀・・・踊るシリーズから干されて暴走?!wヘアヌードに。

ネタ元:http://news.livedoor.com/article/detail/6094536/


先月から全国で公開されている映画「恋の罪」がオンナたちに人気だ。
渋谷の円山町で起きた東電OL殺人事件をモチーフにした3人の女性の物語。不倫から抜け出せない、事件の担当刑事を水野美紀、昼はエリートで夜は娼婦と化す大学助教授を冨樫真、ささいなことで落ちていく平凡な主婦を神楽坂恵が演じている。性や暴力、社会を過激な作風で描く監督の園子温が、今回は女性目線でエロチシズムを描いている。

 映画は、冒頭から水野がヘアヌードで登場。バスルームでの激しいセックスを披露する。2度のオナニーシーンも表情がエロい。惜しげもなくフルヌードをさらす冨樫と神楽坂のセックスシーンに観客はクギ付けだ。

 当然、劇場は男ばかり……と思ったら、なんと、半分近くが女性客。グループで来たOLも目立つ。

 配給の日活に聞いた。

「渋谷では4割が女性です。もう少しで半分に届くかという勢い。前作『冷たい熱帯魚』は8対2で男性が多かったのですが、今作は断然、女性に共感されている。中心は30代。女性の深い闇を描いていて、『落ちていくことを体感できる』『自分のボーダーラインを問いながら見た』といった感想を頂いています」(宣伝担当者)

 うーむ。いくら現実が苦しくても、なお心の闇をのぞきたがる。オンナ心は不可解だが、明大講師の関修氏(心理学)はこう分析する。

「男性のセクシュアル・ファンタジーは画一的で、適度にロマンやファンタジーのあるポルノチックなものを好みます。女性はリアリズム。過激でドロドロしたのが好きだし、一方でその裏返しのプラトニックなものを受け入れる。この両面でバランスをとっているのです。だから、女性の方が、リアルに描かれた性に対し、シンパシーを感じたり、共感したり、考えさせられたりするのでしょう。あまりにリアルすぎると男性は共感できず、引いてしまうのです」

 オンナのオモテもウラも知ることができそうだ。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/471-918a452f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。