勘違い女にマツコもタジタジ?!w - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違い女にマツコもタジタジ?!w

http://news.livedoor.com/article/detail/6222347/


顔中産毛がたっぷり+眉毛までつながっているのナチュラルテイストのカピパラ顔して、『私美人過ぎるから、会う男の人が全員私に惚れちゃう。あなたみたく不細工にうまれたかった』と初対面の私になげいた勘違い女は、ついに『私の魅力が女の人もとりこにしちゃうだなんて……』とか言い始めたわ。まだ暴走が止まらないのね!
また一人新規客が来店。しかも今度はなかなかのイケメン。
だから、さりげなくそのカレに向けても笑顔で会釈したの。

そしたら、カレってば答えてくれて、私達がいるカウンターに座ったのよ。
今夜はちょっと素敵なお持ち帰りかしら、なんて期待したのも束の間。

「ごめんなさい、私あなたとはお付き合いできません!」

また、カピパラがそんなこと言い始めたわけ、カレに。
当然びっくりするカレ、絶句。

「私には及ばないけれど、ちょっとブサイクだけど、こちらのマツコさんだって女なんです!だから、もっとマツコさんを見てあげてください!」

続くこの言葉に、私も絶句。

「ごめんなさいマツコさん。私がいると男の人皆私ばかり見ちゃう……」

ついでにマスターも絶句。

「え、いや、あの」

カピバラマジックから解けたカレがそう言うと、

「マツコさん、私この人とはお付き合いできません。私がお断りした相手ですけど、男の人が私を好きになるのは当然だし、この人に悪気はないんです」

再びカピバラの一言で、その場全員フリーズ。
固まる私達を見て、

「……やっぱり、一人で歩くと、皆が私を取りあうことになっちゃう……だから、もう帰ります。お付き合いはできないけれど、せめてご馳走になるくらいはできます。皆でわけて、それで私を忘れてください。皆様にも、素敵な出会いがありますように」

──そう言って、走り去ったわ。
その後、たっぷり30秒は誰も無言。完全フリーズ。

「……無銭飲食?」

ふと我に返ったマスターが言うのを聞いて、私も、カレもはっとする。
まあ、金額にしたらたいした額じゃないんだけど。

「……おごらせてもらえて、光栄だと思えばいいんじゃない、マスター」
「え、俺っ?」
「私、普通に男の人が好きだし」

カレみたいな、素敵な人ならなおさらね、なんて言って隣に座った彼を見ると、

「──い、今のは?」

なんてちょっとまだ状況がつかめないでいたわ。当然よね。
せっかくのイケメンとの出会いを、超絶カンチガイ女のせいでおしまいなんてそんなのはイヤ。
だから、

「今の、マスターのファンみたいよ。ちょっと思い込みが激しくて、こじれちゃったみたい。びっくりしちゃった。ねえ、マスター?私、目で誘うタイプだって言われちゃったわ?」
「──い、いやいや、あれは、ほら、ねぇ?」
「そんなわけで、マスターが一杯ずつ、おごってくれるみたい」
「……OK,ジンライムでいいかな?」

そんなわけで、マスターから私とカレに、一杯ずつジンライム。

「せっかくだし、ちょっと仲良くなりたいわ」

なんてカレに誘いをかけたら、まんざらではない様子。
カピバラさんの世界ではちょっとブサイクといわれる私だけど、その夜は結構楽しめたわよ。

でも、あそこまで勘違いでつっぱしりまくれると、彼女ってきっと幸せなんだわ。だから顔中の産毛もつながった眉毛も処理しようとしないのね・・・(超絶肉食女子)

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/660-4d391b0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。