号泣も…V6井ノ原の無神経に怒り - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

号泣も…V6井ノ原の無神経に怒り

http://news.livedoor.com/article/detail/6312202/

交際発覚、妊娠疑惑、電撃入籍、事務所への事後報告が発覚、テレビ生中継での謝罪......と、ドタバタイメージが拭えず、すっかりお騒がせカップルと化してしまった赤西仁と黒木メイサ。電撃結婚が公表されてから早10日がたつワケだが、ファンの気持ちをないがしろにしたような一連の行動には、当初から怒りの声があがっていた。
 そんななか、「イノッチを見習いなよあかにしくん!!」というコメントとともに、ネット上で出回ったのが、一部ファンの間で伝説となっている井ノ原快彦直筆ハガキの画像。

 2007年、瀬戸朝香と結婚した井ノ原は、まずはコンサートツアー初日のMCで、さらにTBSでのツーショット会見でファンに入籍の報告を行っている。が、実はダメ押しとばかりにファンクラブ会員に結婚を報告するハガキが送付されていたのだ。

「コンニチハ!イノッチです。突然おうちにお手紙送っちゃってごめんね」という書き出しの後に続くのは、「井ノ原快彦は結婚します」という衝撃の一文から始まり、「僕にとっての幸せはみんなに祝福していただくこと。だからいつも支えてくれるあなたに一番はじめに伝えたかった」とハガキを送った理由を綴り、「でもさぁ...ビックリするほどな~んも変ってないんだよね」「いつでもイノッチは"ここにいます"」「これからも一緒に歩いていこうね。ありがとう」と、結婚後もV6のイノッチでいることを約束、ファンにもこれまでと同じ応援を願うような文章で締めくくっている。

 ファンのことを思い、彼女たちを傷つけないよう一生懸命考えた末のこの行動、赤西仁にも見習ってほしい......という気持ちに感銘を受けたのか、画像つきのTwitterはあっという間に拡散され、「イノッチかっこいい」「これぐらいの気持ちを見せてほしい」と大きな反響を見せた。が、当時のファンにしてみれば、この反応はまったく理解できないのだそう。

「リアルタイムで体験した私にしたら、なんでこれが美談になってるのかさっぱりわからない。コンサート初日にMCでいきなり結婚報告されて、お祝いしなきゃいけない空気に持っていかれたファンの気持ちが本当に分かってるのかなって思います。新聞ではファンみんなが祝福したように書かれてましたが、わたしの周囲には号泣したり、座り込んだまま立てなくなった人ばかりでした。楽しみにしていた時間をぶち壊しにされたのはもちろん、V6のコンサートを私物化したのも許せない。はがきも自己満足にしか見えず、私は即座に破り捨てました。結婚するなとは言わないけど、報告の仕方は無神経すぎます」(40代のV6ファン)

「会場からの帰り道に折られた"いのっち"うちわが落ちてたのは、今でも忘れられない光景です(笑)。私はいのっちファンじゃないからまだ傷は浅かったけど、担当だった友人はファンを降りて嵐にいっちゃいました。そういう人多いと思いますよ」(30代の森田剛ファン)

 残念ながら井ノ原の「ファンに一番に伝えたい」という気持ちは裏目に出た部分もあったよう。実際「あれ以来コンサートでMCの時間になると、何かあるんじゃないかと心臓が痛くなる」と、見事にトラウマになっている人も。

「結婚報告のタイミングは、タレントだけでなく事務所も一番頭を悩ませるところでは。少年隊・東山紀之も、実はマスコミへの発表の直後、井ノ原と同じようにファンへの結婚報告ハガキを送付したのですが、ファンもある程度大人であったためかそれほど怒りは買わなかった。まぁ、本人も年齢が年齢でしたしね。だからといって他のタレントにも40半ばまで結婚するなというのも酷な話。現役アイドルならば、SMAP・木村拓哉のように単独で記者会見を開き、ファンの前では独身であるかのように振舞うのがいちばん賢いやり方かもしれません」(週刊誌記者)

 最近は昔ほどアイドルの恋愛事情にうるさくなくなったものの、結婚となるとやはり別格。次が目されているTOKIO・国分太一、長瀬智也はぜひスマートにゴールインを決めてほしいものだ。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/778-838d1802

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。