無修正R18+バージョン「ドラゴン・タトゥーの女」、6日間限定で上映決定 - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無修正R18+バージョン「ドラゴン・タトゥーの女」、6日間限定で上映決定

http://news.livedoor.com/article/detail/6317556/

大ヒット上映中の映画「ドラゴン・タトゥーの女」の無修正R18+バージョンが、6日間限定で緊急公開されることが決定した。
2月10日(金)より公開され、映画ファンを始め、若い男女を中心に動員を稼ぎ初登場NO.1に輝いた映画「ドラゴン・タトゥーの女」。「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャーが全世界的ベストセラー・ミステリーの原作を映画化。ドラゴン・タトゥーの女ことリスベットを演じた新人女優、ルーニー・マーラは惜しくも受賞は逃したが、アカデミー主演女優賞にもノミネートされるほどの熱演を見せている。

現在日本で上映されているバージョンでは、リスベットとジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)が、心を通わせ全裸で体を重ねるシーン2箇所に“ぼかし”を入れ、R15+として上映。だが、映画レビューやTwitter上で、映画を観終わった観客からの“ぼかし”に関しての意見が多数寄せられたことから、急遽無修正R18+バージョン(18歳未満は鑑賞不可)の上映が決定した。対象となる劇場は3月10日(土)~3月15日(木)の6日間限定で、TOHOシネマズ六本木ヒルズ1館のみ。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/788-ce2896b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。