高嶋政宏が男性ならではの所に水が溜まり手術するハメに・・・ - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高嶋政宏が男性ならではの所に水が溜まり手術するハメに・・・

http://news.livedoor.com/article/detail/6354324/

身体の“肺”や“膝”に水が溜まるのは聞いたことはあるが、俳優の高嶋政宏(46)は男性ならではの箇所に症状が出たようである。その治療の様子が壮絶で、スタジオ内からは悲鳴が上がっていた。
それは昨年の夏のことだという。3月8日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)内で紹介された一般の方からの投稿で、ある病院で入院しているらしい高嶋の目撃談が寄せられた。「確かに、病院で手術を受けたんですよ。」と高嶋は病状を語り始めた。

ある日突然、左側の陰嚢が腫れて大きくなってしまったという高嶋。痛みなどは無かったようだがズボンの上からでも分かるくらいの、大きな膨らみだったという。仕事にも影響が出ることから、病院で診察を受けたところ“陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)”と病名を告げられたそうだ。

医師からは「菌もいないし、ただ水が溜まっているだけ。」と言われ、重症患者の手術が優先なので(高嶋の手術は)少し待ってくれと告げられた。だがドラマの出演にも支障が出るため、とり合えずその場で溜まっている水だけ抜くことにしたのだ。

注射器を使って吸引するのだが、まず麻酔の注射針を刺すのが大変だったらしい。高嶋によると「表皮から中になかなか注射の針が入っていかなかった」と語る。例えるなら“雑巾に割り箸を、グッグッと押し込む感じ”だそうで、スタジオ内の特に男性から「うわーっ!」との声が上がる。想像するのも辛い、相当痛かったのではないだろうか。

そして吸引された内溶液の量は、なんと“500cc”だったそうだ。水が溜まったままだと痛くなくても、不快感は相当なものだったに違いない。MCの浜田雅功(ダウンタウン)が「もっと早く病院に行かなきゃ。」と言うのも、ごもっともである。

その後高嶋は仕事の合間をみて、手術を受け水の溜まる箇所を取り除いたそうだ。それにしても麻酔の針を刺す場面の告白は壮絶で、女性が聞いても気が遠くなりそうであった。その時“どれくらい痛かったのか”を彼が教えてくれなかったのは、もしかしたら言い表せないくらいのものだったのだろうか。


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/826-6c995ba7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。