樹木希林がオセロ・中島の話はもう終わり。と打ち切り - おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

おもしろ芸能ファーム

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹木希林がオセロ・中島の話はもう終わり。と打ち切り

http://news.livedoor.com/article/detail/6379804/

女優・樹木希林(69)が17日、洗脳騒動の渦中にあるお笑いコンビ「オセロ」の中島知子(40)について、事務所用マンションの家賃滞納訴訟の判決後初めて口を開いた。樹木はこの日、大阪市内で映画「わが母の記」(原田眞人監督、4月28日公開)のPR会見に出席。娘婿で自宅用マンションの家主である俳優・本木雅弘(46)夫妻が起こしている訴訟については「取り下げることになると思う」と説明した。
会見の最後に中島について聞かれた樹木は、まるで母のように胸にためていた思いを吐き出した。「中島さんが(家賃)保証会社と契約していて、今後も両親や(所属事務所の)松竹芸能が立て替えるものではない。中島さんが稼げるようになったら返していくということなので、こちらも痛痒(つうよう)とは感じません」と話した。

 娘と連絡が取れないことを心配した中島の両親とは、昨夏ごろから会ったり定期的に連絡を取っていたことも明かし、「お父さん、お母さんが命があるかどうか切実に心配していたので、私も一緒になって切実でした」と親心をのぞかせた。

 現在は、個人事務所、自宅マンションともに「(誰も)いないと不動産屋さんから聞いている」とし、「荷物も運び出されることになると思う」と説明。中島が無事に保護されたという知らせを受け、6日に本木が報道各社にファクスで心境を明かした通り、滞納している月65万円の家賃半年分390万円と立ち退きを求めた訴訟は「取り下げることになると思う」との見通しを示した。

 また、洗脳騒動が表面化してから、連日のように報道したマスコミ各社にも言及。「皆さんが張り込んでくれたおかげで、探偵を雇わなくてもずっと(自宅マンションに)いてくれた。お金がずいぶん助かりました」と、冗談交じりで騒動の早期決着にほっとした表情を見せた。

 その上で今回の騒動について「うちはもうおしまいだけど、中島さんはここからがスタート。相手(占い師)が全部悪いとも思わないし、そういう出会いをしてしまった子を育てた親にも問題があるかもしれない」とし、「芸事に生きる人間として、少々いろんなことがあった方が、人生もこれから芸をやる上でもいいんじゃないか」とエールを送った。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovecider.blog.fc2.com/tb.php/857-818ed639

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。